坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

清楚な軍団

さて、久々のブログなのでお気楽なのを書こうかな。

 

  ~~~~~~~

 

私立女子校の様だと例えられる事もある乃木坂46に「軍団」が2つも誕生した。

 

「軍団」とは、一般的に暴力行使機関を指すので乃木坂のイメージである「清楚」の対局にあるが、Wikipediaにはこんな一節もある。

 

ビートたけし率いるたけし軍団石原プロモーション所属俳優に対しての石原軍団、 日光猿軍団、オスカー美女軍団のように、影響力の強い人物の元に結束した集団に対しても用いられる。』

 

すなわち、乃木坂内に影響力のある人物が2人居るという事だから、それはそれで良いのか。

 

軍団が2つ存在したらそれぞれの主義主張に基づき争いになるのが当然の流れだが、そうなる前に1つ問題がある。

それぞれの軍団のコンセプトが同じだという事。

『軍団長を褒め称えること』

これだけ。

主義主張で争えるはずがない(笑)

 

 

松村沙友理率いる「さゆりんご軍団」は、松村、佐々木琴子寺田蘭世の3人が好きなアニメの話しで盛り上がる程度のこじんまりとした小さなグループだった。

そこで松村沙友理の野生の勘としか言いようがないが、「乃木坂イチ有能な女」として確固たる地位を築いた伊藤かりんの勧誘に動いたのが、将棋で言えば「妙手」であった。

グダグダなグループを締められるまとめ役としての能力、母親として琴子の魅力を引き出す能力。

アニメには疎いかりんが加入した経緯は私が知る限りは語られていないと思うけど、これによりアニメ誌に時折インタビューしてもらう程度の露出から、アイドル誌のグラビア、週刊マンガ雑誌の表紙など一気に活躍の場を増やした。

 

一方の秋元真夏率いる「真夏さんリスペクト軍団」、結成の契機は46時間テレビの軍団対決の為だった。

ただ、おそらく母体となったのは、NOGIBINGO!5の浴衣カラオケ企画での秋元シスターズであったろう。

この時も「私のことを尊敬してる子たち」というコンセプトだったので間違いないはず。

この中で2期生としては蘭世がすでにさゆりんご軍団に加入していた為、残ったみり愛がそのまま参加している。

 

  

やはり対決から始まった軍団なので、対比して考えてみよう。

 

楽曲とMVについては、さゆりんご軍団がコミックソング的なワイワイした楽しさ、真夏軍団はポップでキュートなワイワイした楽しさ。

方向性は違えど楽しさに違いはない。

 

そして、軍団長が両軍団とも音痴なのも、違いがない(笑)

 

雑誌掲載、ニコ生配信も両方やってる。

 

楽曲、活動、軍団長と違いがない。

そう考えると、大いなる違いというのは、やはり伊藤かりんの存在だろう。

仕切りができて歌も上手くてメンバーの面倒見もいい。

握手会の衣装を人数分製作するプロデュース能力と技術力。

 

これは真夏軍団に決定的に欠けてるポジション。

ニコ生での仕切りを最年少ながらしっかり者のみり愛が行っていて可愛らしさはあるものの、 かりんちゃんの進行と差があるのは仕方ない。

 

今後、活動の差別化をはかるなら両軍団ともこの辺りの差違を使って行けばよいのではないか。

さゆりんご軍団のグダグダな3人に振り回される常識人、という構図はドタバタを作りやすい。

 

真夏軍団は軍団長にツッコミを入れられるメンバーが居ないので変化の乏しい偏った展開になるかもしれないけど、ここはみり愛が冷たい態度であしらう芸ができるように成長を期待したい。

ただ、コンセプト的に可愛らしさを前面に押し出してるのでそこはさゆりんご軍団に優るところ。

「真夏軍団」といういかつい名前ではなく、「サンクエトワール」のような可愛らしいグループ名を付ければ企画物ではなく可愛らしいアイドルユニットとして使いやすくなると思う。

フランスのお菓子とかに可愛らしい名前とかありそうだけど。

 

そしてどちらも、構成員メンバーが若いので、息の長いグループにできる可能性は大いにある。

 

1期生の有力メンバーにより今まで知られてなかった2期生の魅力が発信されるのは非常に大きな意味があるので、これで終わりにせず、どんどん続けていってほしい。

 

代役と呼ばれること

演劇の舞台用語で「代役」をあらわす【アンダー(アンダースタディ)】という呼称。

主役級の出演者が不測の事態で出演できなくなった際の代役となるため、出演者と同等のレベルでの準備が必要となる。

代役のための稽古時間が取られる事も少なく、セリフ、立ち位置、共演者との間、それらも観察で自分の物にしなければならないという事らしい。 

それだけやっても、舞台に立つ事はほぼ無く終わる。

観客の目に入ることのない日陰の存在と思えるが、それでも舞台裏での努力や才能の輝きなどは関係者の目に留まるだろうし、別の作品で抜擢される可能性が十分にある。

未来へ向けての正しい下積み、努力の仕方だと思う。

 

 

では、アイドルにおける「アンダー」はどのような意味を持つのだろうか。

これは、秋元康プロデュースという意味において姉妹関係にあるAKBグループと乃木坂46でも異なる。

 

AKBグループと乃木坂46の最大の違いである劇場の有無。

劇場での公演では、出演者やポジションは決まっている。

その出演者が他の仕事や学業、体調などによって舞台に上がれない時に代役となるのが、AKBグループにおける「アンダー」の定義だそうだ。

かつては研究生が務めていたらしく(今は何だか複雑になってる)、劇場に出たい研究生はより多くのポジションを覚えて公演に出るチャンスを狙っていたのだろう。

裏での努力が認められて舞台に立ち、観客の目に留まって更なる飛躍を目指せるという、正しいステップアップの階段があると思う。

 

 

劇場を持たない乃木坂46では、公演は当然ない。

アンダーとして出来ることは、選抜メンバーがメディアに出る際に他の仕事などで欠席した場合の代役くらいのもの。

個人仕事の増えている今であれば「代役」の機会も増えているが、結成直後からしばらくは選抜メンバーが欠ける事もほぼなく、アンダーが仕事をする事は無かった。

これは書籍「乃木坂46物語」でも語られているし、乃木どこ終盤のヒストリー回で中田花奈がアンダーになって2週間まるまるオフを告白している。

パズドラを極めたと笑い話しとして収めていたけど、前述した演劇やAKBグループの公演のように希望のある「アンダー」ではなかったのは確かだ。

そう考えると、乃木坂におけるアンダーの定義は「選抜に入れなかったメンバー」という事だけになってしまう。

 

私はここが、乃木坂運営最大の失敗(その1)だと思っている。

 (最大がいくつもあるのもおかしいけど、とりあえずその1)

 

すなわち、劇場(舞台)が無いグループにとっての「アンダー」の定義を決めないままに、姉妹グループのシステムや呼称を無条件、無批判に導入してしまった事。

 

アンダーという呼び名が「代役」という本来の意味で機能しないがために仕事量の格差をより明確化し【上下関係】や【優劣】を強く意識させる事となり、メンバーやファンが必要以上に大きな重荷を背負うことになってしまった。

先ほど紹介した乃木どこのヒストリー回では中元日芽香が「アンダーのモチベーション低下」を報告し、「アンダーという言い方がいけないのかもしれないけど…」と言いかけている。

 

選抜に選ばれるための方法も評価基準もメンバーに対して示せない運営。

書籍「乃木坂46物語」の中でも、アンダーは仕事がなくずっと学校に通っていた、自分は乃木坂のメンバーなんだろうか、と話すメンバーが多い事が、すべて物語っている。

 

 

運営としては、そんなアンダーメンバー達のガス抜きのつもりだったのだろう。

アンダーライブが開催されたが、

・握手会の後に行う事で新たな場所の確保が不要

・座席の用意をしなくて良い

・観覧には楽天カードの登録が必要

などを考えると、スポンサーの小遣い稼ぎ程度にしか考えてなかったハズだ。

 

だが、開催の意図はどうあれ、アンダーメンバーにとってこれは光明だった。

大いなる支持を集め、回数を重ねていく。

全体ライブしか舞台経験を積めない選抜メンバーに圧倒的に勝る経験と、それを根拠とした自信を手に入れた。 

これが、選抜メンバー、アンダーメンバーの間に壁というのか、溝というのか、大きな隔たりが出来る要因の一つとなった。

別の問題としてある「選抜固定化」に伴う「万年アンダー」(どちらも嫌な言葉だ)がもう一つの要因となった事も間違いない。

 

「私たちは誰のアンダーでもない」

 

という、プライド。

「代役」と呼ばれ続けてきたメンバーが、「主役」となる決意を固めた瞬間。

選抜とアンダー「全員揃って」こそ【乃木坂46】なんだという再確認。

 

 

選抜固定メンバーを推している人たちは気づいただろうか?

2015年、真夏の全国ツアーから。

アンコール時にメンバーが着ているTシャツがすべて同じ色になった事を。

 

[2014年]クリスマスライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011305j:plain

 

[2015年]3rdバースデーライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011339j:plain

 

 

[2015年]真夏の全国ツアー

f:id:masa_NGZ:20161002011416j:plain

 

[2015年]クリスマスライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011449j:plain

 

 

アンダーメンバーを推していて、いつもアンコール時にTシャツの色が分けられている事に「単なるバックダンサー扱いじゃないか」と憤っていた身としては、物凄い衝撃的な出来事だった。

「代役」が「主役」と同じ舞台に立った。

 

冒頭に書いた演劇界における「アンダー」は観客の目に留まる事が無い立場だった。

だが、乃木坂46の「アンダー」は、観客(ファン)が見つける事ができたのだ。

 

f:id:masa_NGZ:20161002012135j:plain

 

2015年末、そこまでのアンダーライブの集大成として行われた武道館公演で、井上小百合はこう言った。

見つかるはずのない舞台裏で、いつ来るか分からない出番に向けて準備をするだけの「アンダー」という立場。

それはファンの側が探して見つけたのではなく、メンバー自身が隠しきれない輝きを放ったからこそ、見つけられたんだと思う。

 

 

この武道館をはじめ数多くの公演で「主役」と遜色ない、あるいは越えているかもしれないという輝きを放った「代役」たち。

アンダーメンバーにもラジオや雑誌の取材、グラビア、テレビ番組など主役として活躍するメンバーが増えている。

もはや「代役」と呼ぶ事に違和感を覚えるほどに。

 

ただ、アンダーという立場に対するメンバーの思いや考え方は千差万別、一人ひとりの想いがある。

アンダーライブ中国シリーズでの伊藤かりん井上小百合の発言でも顕著だったようだ。

私は行っていないため発言内容が分からないので、これについては何とも言えないのだが…。

 

 

それぞれの想いが、16枚目の体制によってまた渦巻くと思うが、もう心配する事はない。

気づく人はしっかり気づいて、見つけて、心から応援をしている。

そのファンにとっては、誰かの「代役」ではなく、その人にとっての「主役」なのだから。

 

755の功罪

755はファンとの距離が近いため本人のリアルタイムな感情が届きやすい分、ファン側からのネガティブ発言も耳に届きやすい。(そんな奴をファンとは呼びたくないが)

実際、かつてはメンバーが過剰に反応するという事案もあって、良いイメージがあまり無い。


真夏さんのようなしたたかさ、まいちゅんのような大人(社会人)のあしらい方、かなりんのような軽妙さ、などが無いと使いこなすのはなかなか厳しいのではないだろうか。

実は私が注目してるのはみり愛で、これぞ「最新ツールに強い女子高生」の典型、前述したメンバーとはまた違った運用の仕方を上手く行っている。

みり愛は最年少(1、2期生)ながらかなり大人びた考え方をしたしっかり者だというのが大きいのだろう。

モバメも毎日最低でも3通程度は送っているし、偏らずバランスの良い使い方をしていると思う。

 

さて、少し前にひなちまが、そしてこのたび伊織が755を開始した。

どちらもイメージとしては素直で、おっとりした感じがある。

755を使いこなす能力を考えた時に、真逆(向いてない)なんじゃないかな、とも思う。

書かれた発言を真に受けて真剣に悩んだり落ち込んだりしないかが心配だ。

 

ただ、2人とも高校を卒業して乃木坂に専念すると決めた訳で、より多くの手段を用いて自己を発信していこうという姿勢は何としてでも応援したいもの。

それが危機感によるものだとしても、アクションを起こさないと何も始まらない事は約1年前から北野日奈子が証明している事だし。

 

繰り返し言うが、755というツールはメンバーの素の言葉がワンクッション置かれる事なく世に出る。

ろってぃがNOGIBINGOの情報解禁前に言ってしまった、なんて件もあった。

これは笑い話で済んだけど。

ブログでは、情報のコントロールや不要な波風を立てるような(言わない方がいい)言葉など、運営が防波堤の役割を担ってくれている。

755では、自分で責任を負って発言しなければならないので、注意して活用してほしいと切に願う。

 

 

伊織は今まで強く自己発信してきたメンバーではない為、いまだにどのようなキャラクターなのかミステリアスな面がある。

言葉の悪い言い方をすれば、ずっと選抜固定で見続けてきて飽きが来てるメンバーよりも新鮮味がある、という捉え方ができる。

それであれば、これからの伊織の飛躍は十分に考えうる。

 

755をうまく使って、頑張って自己アピールをしていってほしい。

それによって、新たに魅力に気づく人も出てくるかもしれないから。

 

ファン側も、コメントを入れて盛り上げていけると良いのだけど。

「46SHOW」雑感

NHKの「乃木坂46SHOW」が変則的な形で放送され、話題を呼んでいる。

 

姉妹グループの『欅坂46』と、動画投稿サイトに「踊ってみた」作品を投稿しているファングループ『百合坂46』のドキュメンタリーが放送された為だ。

ここに、乃木坂メンバーによる放送を観たい層が嚙みついた形で騒動になったようだ。

 

 

百合坂46は発起人を中心に水面に広がる波紋のようにその繋がりを広げていき、その広がりを集約して大きな物を作り上げていくという、その力は大いに尊敬している。

乃木坂ファン仲間で集まっても飲み会くらいしかできない我が身を顧みれば、皆で一つの事にチャレンジする「青春の1ページ」のような若さに嫉妬しそうな羨ましさもある。

 

ファンの裾野が広がっている証拠だし、逆に百合坂46をキッカケに乃木坂を知った人も居るかもしれないから、新規ファン層開拓という意味でも大いに役割を果たしている。

 

そんな尊敬すべきグループである事は理解したうえで、やはりこの番組で取り上げるのは違ったんじゃないかと思う。

乃木坂としてこの夏は、

 ・真夏の全国ツアー2016最終公演

 ・バースデーライブ

という非常に大きなイベントがあった。

また、乃木坂史としてとても重要なターニングポイントにもなりうる、

 ・3期生加入

 というトピックがあった。

 

ファンが知りたいのは、神宮の舞台裏であり、3期生決定の舞台裏、もしくは3期生のキャラクターだった。

これだけの優先順位の高いニュースを蹴ってまで、このタイミングで百合坂46を取り上げる意味があったのだろうか…。

 

 

今回の件を別の業界で考えてみる。

プロ野球で、めっきり減ってしまった為にファンも心待ちにしているナイター中継。

『その試合の中盤、5回~7回はジャイアンツファンだけで結成された草野球チームの試合を中継します』

…なんて事になったら、新橋のガード下で怒号をあげるオヤジの姿が浮かぶよね。

 

まぁ、変な喩えになっちゃったけど、そういう事だと思う。

 

百合坂46は「こういう活動をしているグループが居ます」という一本のドキュメンタリー番組にしてあげるべきだった。

それがファン、百合坂メンバー双方にとって幸福な形だったはず。

いつも潜入レポートで貴重な裏側を見せてくれる「乃木坂46SHOW」の枠を潰したのが、騒動の火種になったんだと思う。

 

番組スタッフは、放送後の反響をどうとらえているんだろう…。

 

【画像のみ】裸足でsummer 歌衣装

f:id:masa_NGZ:20160913013815j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013817j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013819j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013820j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013822j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013823j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013824j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013826j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013827j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013828j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013831j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013834j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013837j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013840j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013845j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013850j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013854j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013859j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013905j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013910j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013915j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013919j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013923j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013925j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013927j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013931j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013935j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013939j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013942j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013946j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013950j:plain

f:id:masa_NGZ:20160913013954j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:masa_NGZ:20160913014018j:plain

可哀想な人たち

最近のTwitterタイムラインやまとめサイトなどで目についたエピソード。

 

・神宮で深川ポジに入ったメンバーへ対する誹謗中傷。

・かりん推しという話しをしたら嘲笑された。

・全握ポスターを推しメンと交換する際にレートが合わないという発言。

 

 

…あまりにも残念なものばかり。

 

自分の推しメン以外に興味が無いのは仕方ないけど、他のメンバーを貶める理由にはならない。

いわゆる「人気メンバー」と言われてるのは、ただ「1推しの人の数が相対的に多いだけ」という状態であって、すべてのメンバーに「1番に推してくれているファンが居る」と単純化してみれば、メンバー間に違いや上下、優劣は無い。

交換レートなんて言うけど、自分の推しメンを何を対価にしても入手するのは当たり前の事だ。

 

 

これは私の個人的な感想で何の根拠もない事は断っておきつつ敢えて書くけど、冒頭であげたような輩は、フロントメンバー推しに多い気がする。

特に他を認めようとしないガチ恋勢。もちろん、その中のごく一部の人。

フロントメンバーはメディア露出が多い分だけ新規ファンの入り口にも受け皿にもなりやすい。

だからファンも多いし、多いという事は、その中の一部に熱狂的になりすぎる余り他を排斥する形で応援する人も一定数出てくるという事。

 

人間の集団ができれば一定の割合で異端が混じるのは仕方のない事だけど、他者を不快にさせずに応援してほしいものだ。

 

 

「強メン」「弱メン」という言葉もあるようだけど、特定メンバーにガチ恋して他に見向きもしないなんて事がどれだけ勿体ない事か。

 

ちょっと想像してほしい。

 

世界遺産となった歴史的な宮殿などを訪れた時、入り口の大な門に圧倒されて、そこのすべてを見知ったような気になっている観光客を。

「あの雄大な門を観たか?いや~、わざわざ来た甲斐があった」と言って引き返す観光客を。

その奥に荘厳な宮殿が待っていようが、歴史のロマンを感じる隠れた名所があろうが、知った事ではない。

もう満足したからいいよ、と知ろうとしない。

 

想像してほしい。

洞窟の入り口に置いてあった眩いばかりの宝石に気を取られて、奥に隠された宝物を見逃す冒険者を。

この宝石だけで物凄い値打ちだから、奥まで進まなくていいよ、と知ろうとしない。

 

  

どうだろう。

 

乃木坂で言えば、表に出ている選抜メンバーだけでなく、アンダーにも輝きを放つメンバーは大勢いるし、磨いてる最中でこれから光り輝く原石だっている。

 

他にいい所が山のようにあるのに、それを観ようとも知ろうともしないで満足するって、なんと勿体ない事か。

宮殿の、洞窟の奥深くまで見てまわってる人からしたら、もはや可哀想な人たちとしか思えない。

 

自分の推しメンに固執して他との優劣にとらわれるのではなく、推しメンは応援しつつ「乃木坂46」の他の魅力も探索していこう、と考えてみてほしい。

 

乃木坂を応援するにあたって今まで以上の幸福を得られるはずだ。

人に歴史あり

Twitterのフォロワーさんの会話で推し歴の話題があったので、自分の推し遍歴を再確認してみる。

ちなみに私が乃木オタになったのは2014年3月。

乃木オタの初期行動としては御多分に漏れず、そこまでの「乃木どこ」と「NOGIBINGO」を全て視聴(笑)


【2014年 春~秋】
・寧々ころ

 何もかも小さくて全てが可愛い

 

・まいまい

 この時にイチコロでやられたw↓

f:id:masa_NGZ:20160906000913g:plain

 

・市來ちゃん

  知的かと思ったらちょっと天然ボケもあって可愛い

 

・琴子

 なんだこの美少女は!?

 ビジュアルトップクラスじゃないのか?

 

・絢音ちゃん

 なんだろう。

 この口(笑)

 この受け答え(笑)

 この可愛い生き物は(笑)

f:id:masa_NGZ:20160906001811j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906001813j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906001815j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906001817j:plain

 あーちゃんを意識したのはこの時が最初。

 


【2014年 年末】
クリスマスライブ(有明)のカップリング投票ベスト30発表。

選ばれた曲の歌唱メンバーがどんどん捌けてパフォーマンスする中、1人だけ最初のクリスマス衣装のままひな壇に座り続ける絢音ちゃん。

秋田通いでリハにも出られずこのコーナーは1曲も参加してないんだけど、この頃はそういう情報もなかなか得られず…。

どうしたんだろう?と疑問に思って観てました。

f:id:masa_NGZ:20160906010651j:plain

 

ランキング以外の時は琴子を観ようとステージの奥や端っこをよく観てたら、何だか可愛らしいダンスの絢音ちゃんがよく目に入る。

f:id:masa_NGZ:20160906011510j:plain

なんか妙に惹きつけられるものがある絢音ちゃん…。

これは推すしかないな!!

 

 

そして、大感謝祭での琴子の私服チェックと研究生ながらにキャプテンを果敢にイジる蘭世1人MCの無双っぷりにひかれ、研究生は個性豊かでいいな!と思い、研究生を箱推ししようと思った夜。

f:id:masa_NGZ:20160906012714j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906012840j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906012859j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906012907j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906012923j:plain

f:id:masa_NGZ:20160906013035j:plain

 

【2015年 2月】

研究生だけの曲収録が発表。

西武ドーム 3rdバースデーライブでの伝説の正規メンバー昇格。

涙で前が見えなくなる…(ノД`)・゜・。

 

【2015年 春】

乃木坂46カフェの記事で写真を見て、まいちゅんの「職場に居たら絶対にアタックするな~」「カフェの店員さんだったら絶対に常連になるな~」という可愛らしさに気づく。

みなみとの姉妹みたいな関係もホッコリする。

 

ちなみに、そんな時に初めて握手会へ参加(命は美しい全握)

みなみ&まいちゅんレーンへ行き、みなみの釣りに完全にノックアウトされる(笑)

だって可愛いんだもの、仕方ないw

 

同じころ、舞台じょしらくできいちゃんの天真爛漫なキャラクターの魅力に気づく。

これ、(元)研究生の6人だけじゃなくて、他の2期生も魅力的なんじゃないか!?

 

 

という訳で…

【2015年 夏】

2期生 箱推し

 

という私の推しが固まり、今に至る。