坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

鈴木絢音浴衣画像集

鈴木絢音の浴衣画像まとめ。 ここにない浴衣画像をお持ちの方、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。 どんどん追加していきます。 特に最後の2枚、初期ブログの大きい画像がほしい…。

それぞれの向き

乃木坂46結成時、国民的アイドルとして雲の上の存在だったAKBを越えるという目標の下に一致団結して同じ方向へ進んだ1期生。 皆で同じ方向を向いて横に並び、少しずつ前に進んで「線を面に広げた」イメージ。 (※再現CGメーカーさんを使わせていただきました…

それぞれの向き

乃木坂46結成時、国民的アイドルとして雲の上の存在だったAKBを越えるという目標の下に一致団結して同じ方向へ進んだ1期生。 皆で同じ方向を向いて横に並び、少しずつ前に進んで「線を面に広げた」イメージ。 (※再現CGメーカーさんを使わせていただきました…

辺境にいることを誇りに思う。

まずは伊藤純奈さん、佐々木琴子さん、鈴木絢音さん、寺田蘭世さん、山崎怜奈さん、渡辺みり愛さん、正規メンバー昇格4周年おめでとうございます。 加入から2年もの長きに渡って叶わなかったシングル収録曲への初参加が、『ボーダー』という名前が付けられた…

アンダー推しがアンダー推し目線で衛藤美彩卒業に寄せる駄文

衛藤美彩を称賛する時に真っ先に出るのは、人柄を知らなくてもその目を惹く美貌だろうか。 握手会に来た人を骨抜きにする握手対応だろうか。 舞台で観客を魅了した演技力だろうか。 ここでは特に歌唱力について語りたい。 みさみさの歌声は「意外BREAK」のほ…

世代交代

バースデーライブでのアンダーのパフォーマンスを観ると、 ・研究生だった2期生が中核を担うまでに成長 ・1期生は後輩を見守りながらまだまだ一線で意地を見せる ・フレッシュで即戦力な3期生が加入 という組織としてのバランスの良さがよくわかる。 最近の…

バースデーライブでのアンダーの扱いを中2らしく妄想する

6thバースデーライブのオープニング、白石麻衣と鈴木絢音が主役の映像で始まったのを見て、初日に集まった6万人の中で驚かなかった人はゼロだと思う。私もオーロラビジョンに映る映像をまったく現実感のないまま眺めていた。 乃木坂46は結成時から選抜とアン…

継がれてゆく光

会社などの組織であれば人事異動などにより退任者のポストを別の人間が引き継ぐのは当たり前の事だが、ことアイドルグループとなると、それぞれが独自の個性と立ち位置を持つがゆえに後継者を据えるというのは難しい。 深川麻衣の卒業後に第2の聖母が現れな…

生駒里奈の物語をワンピースと重ねてみる

生駒里奈を表す言葉の中で誰もがしっくり来るのが「主人公」ではないだろうか。 乃木坂工事中の企画で、雑誌で付けられたキャッチコピーを紹介した回。 私もずっと乃木坂の物語を見てきてそう思ってたけど、卒業発表を受けて改めて考えてみると、もう少し細…

【2017年発表曲】個人的BEST10

CD

2017年に発表された曲の中から、個人的なランキングを発表! ※個人の感想です。 乃木坂46が2017年に発表した曲は、シングル3枚とアルバム1枚で計33曲。 【17thシングル】インフルエンサー インフルエンサー 人生を考えたくなる 意外BREAK Another Ghost 風船…

伊藤万理華卒業に寄せる駄文

乃木坂モチベが低下していてこのブログを2ヶ月放置してる間に、またもやメンバーの卒業発表があった。 よもや卒業に関する投稿が連続するとは思いもせず…。 個人的にだが、ひめたんの卒業発表には暗く重い雰囲気が感じられた。 それは休業がメンタル的なもの…

中元日芽香卒業に寄せる駄文

中元日芽香 卒業報告ブログ。 blog.nogizaka46.com このブログから漫然と受ける印象は、 『剣折れ矢尽きて、悔しさもありながら「ここまでよく戦った」と自分に言い聞かせている』 ような感じ。 でも私としては、眼前の敵よりもむしろ自国の貴族階級の壁にぶ…

『アンダー』の中心たる意味

18枚目のアンダーセンターが能條の連載記事でしれっと発表されていた。 cinema.ne.jp 発表されたという事で名前を書いてもネタバレにならないはずなんだけど、あまりにも空気のような発表の仕方に「間違いじゃないの?」と心配になって書くのをためらってし…

18枚目妄想選抜

この記事を投稿してる時点では明日、乃木坂工事中で選抜発表がされる。 そこで、発表前のこのタイミングでしかできない【妄想】をいくつかしてみた。 Twitterに何パターンか投稿したのでここにまとめ。 あくまでも『妄想』なので「あのメンバーが入ってない…

風流を解する心

乃木坂46の1期生は太陽で、2期生は月なんだと思う。 太陽が輝く昼間は、月は薄白く見える程度。 明るい太陽の下、陽気で元気な「動」のエネルギー。ただし、太陽を直視すると目を焼かれて物が見えなくなってもしまう。 夜になった時に暗い道を照らすのは、白…

等価交換の法則

ワイドショーのコメンテーターとかコラムニストがしたり顔で恋愛禁止ルールとファンの幻想を論じるけど、問題の本質はそこじゃない。 総選挙って上位に入ればシングルへの参加やメディア露出の増加など「アイドルとして活躍する場を増やせる」からこそファン…

何の選抜?

「あさひなぐ」の舞台版、映画版出演者はどのように決められたのだろう? 映画版は現時点では発表されてないけど、舞台版でまず気になるのは選抜メンバーのみ、という事。 映画版もおそらく同様なのだろう。 乃木坂46の選抜メンバーというのは、 「シングル…

佐々木琴子「覚醒」騒動に思う

琴子が「覚醒した」って言う新しい人と、「前に戻っただけ」と言う昔からのファン。 それぞれの発言に共通してるのは「直近の状態から変わった」という事で、相違してるのは「変わる前の状態がどうだったか」という事。 「覚醒」と言うと最初から一貫して塩…

今だからこそ、アンダーライブに行くべき理由

2016年末、武道館で寺田蘭世が「史上最弱のアンダーセンター」と言われていると悔しさを滲ませた。 実際にそういった心無い発言が有ったのは確かだけど、何をもって最弱と言っていたのかは、正直どうでもいい。 どうせ自分の好きなメンバーが居ないというだ…

卒業センターを考える

2016年は、発売3曲の内2曲を卒業発表メンバーがセンターを務めた。 運営側も卒業商法で荒稼ぎできるという裏の事情はありつつ、ファンからしたら最後の花道として喜ばしい事だと思う。 ただ、問題点というか、疑問に思う事も多い。 まず、今後も続々と出てく…

【応援エール】寺田蘭世

俗に言う「ボーダー組」。 こう括られる6人のメンバーは2016年9月に3期生が加入するまで「最後に来た6人」でもあった。 乃木坂46の「正式な」メンバーなのに、楽曲への参加も許されない。 雑誌やテレビへの露出も無い。 ブログすら好きに書けない。 ライブで…

嫌いな事を言う時間

テレビで「好きか嫌いか言う時間」っていう番組をたまたま見かけました。 ちなみに、この番組は嫌いだった(笑) ただ、乃木活してて嫌いな物が結構あるんで列挙してみる事にしました。 別に嫌いな根拠が有るわけではなく生理的に受け付けないってだけなので…

誰のためのもの?

私が20年ほど前に足繁く通っていた声優アイドル・椎名へきるのライブの頃はペンライトなど無く、漢たちは皆その拳を天にかかげ熱く振り回していた。 最近10年ほどは在宅しててアイドルの現場には行ってなかったので乃木坂ファンになって久しぶりにライブに行…

2016年を振り返る

紅白初出場の余韻から始まった2016年も残りわずか。 もう2度目の紅白が迫ってますね。 個人的には、今野氏の「激動の年になる」という言葉に踊らされた1年でもありました。 結局、何が激動だったのか? 3期生が入ったのは大きな事だけど、これは乃木坂の進化…

何を研究するのか

乃木坂46には「研究生」という制度がある。 現在、研究生肩書のメンバーは居ないので「制度があった」と過去形で言ってもいいのかもしれない。 3期生が研究生と位置付けられるかどうかはまだ分からないが、明日のお見立て会で発表されるのだろう。 そもそも…

【小説】ブランコ

16枚目シングル「サヨナラの意味」のカップリング曲、アンダーメンバーが歌う「ブランコ」MVから妄想を膨らませた勝手小説です。 乃木坂46 『ブランコ』Short Ver. あくまでも「映像」から着想を得ているので、歌詞はまったく関係ないです。 MVの一つの解釈…

清楚な軍団

さて、久々のブログなのでお気楽なのを書こうかな。 ~~~~~~~ 私立女子校の様だと例えられる事もある乃木坂46に「軍団」が2つも誕生した。 「軍団」とは、一般的に暴力行使機関を指すので乃木坂のイメージである「清楚」の対局にあるが、Wikipediaには…

代役と呼ばれること

演劇の舞台用語で「代役」をあらわす【アンダー(アンダースタディ)】という呼称。 主役級の出演者が不測の事態で出演できなくなった際の代役となるため、出演者と同等のレベルでの準備が必要となる。 代役のための稽古時間が取られる事も少なく、セリフ、立…

755の功罪

755はファンとの距離が近いため本人のリアルタイムな感情が届きやすい分、ファン側からのネガティブ発言も耳に届きやすい。(そんな奴をファンとは呼びたくないが) 実際、かつてはメンバーが過剰に反応するという事案もあって、良いイメージがあまり無い。 真…

「46SHOW」雑感

NHKの「乃木坂46SHOW」が変則的な形で放送され、話題を呼んでいる。 姉妹グループの『欅坂46』と、動画投稿サイトに「踊ってみた」作品を投稿しているファングループ『百合坂46』のドキュメンタリーが放送された為だ。 ここに、乃木坂メンバーによる放送を観…