読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

選抜の選び方

選抜発表

今週末の乃木坂工事中で、15枚目シングルの選抜発表が行われる。

 
「曲のテーマに合わせて選抜メンバーはどんどん変えていく」と言っていたのは遠い昔の事。
今ではどんな曲でもどんなテーマでもお構いなし、頑ななまでに同じメンバーで歌っている。
3列目にあったアンダーメンバーの「思い出枠」も、1期生が1巡したところで廃止され、固定化の度合いが加速した。
まぁ、2期生は実力で取りに行くから無くなっても構わないけどね。
 
 
13枚目「今、話したい誰かがいる」は、映画主題歌という大きなタイアップが付いた。
この高校生の青春群像劇である作品に乃木坂46は、二十歳を越した白石・西野のWセンター、お姉さんチームの深川・衛藤を左右に配した「大人」態勢で臨んだ。
まいまいとみさ先輩は初のフロントという事でそれぞれのファンにとって喜ばしいものであったが、楽曲のテーマ、映画の主題としてはどうだったろうか。
現役高校生メンバーが歌った方が主人公たちに近く心情も伝わりやすいし、ターゲット層の共感も得られやすかったのではないだろうか。
荒削りでもフレッシュな10代を福神に集めて勢いを出させ、大人メンバーが3列目からがっちりサポートする、という構成がこの曲の理想だったと思う。
 
 
 
続く14枚目「ハルジオンが咲く頃」は、深川麻衣卒業ソングとして制作された。
センター深川、というのは当然の流れだったのだろう。
(個人的には、フロントは若手メンバーで聖母は2列目真ん中から見守っている、という配置を推していたのだが)
まいまいと同年代で結成から苦楽を共にした橋本、白石でフロントを固めるのは最良の選択だと思うが、今後最年長となり、歳が近い事で通じ合っている新内眞衣をフロントに配して欲しかった。
お姉さんメンバーとの対比でいくちゃん、なぁちゃんは幼く映り、バランスを崩していると思う。
まいちゅんとみさ先輩を持ってきて最強の大人フロントが実現できたハズだが…。
2列目に94年組、3列目に10代という流れにすれば、フロントが咲き誇る花、2列目が芽吹いてる枝、3列目が地に根を張りこれから芽を出そうとする茎と見立てる事ができる。
曲の終わりにまいまいが未央奈の手を引いてくる演出もひときわ際立ったのではなかろうか。
 
 
次に来る15枚目はまだどのような曲になるか分からないが、日テレの高校生クイズの応援歌となる可能性が高いだろう。
(去年の応援パーソナリティはゴールデンボンバーで、応援歌も歌った)
…であれば、13枚目について書いたように、現役高校生、もしくはこの春卒業したばかりのメンバーを前面に出してほしい。
 
高校生クイズ選抜として選ぶと、こんな感じか。
 
【3列目】白石、西野、生田、生駒、和田、橋本
【2列目】高山、山崎、中田、秋元、かりん
【1列目】北野、飛鳥、堀、星野、寺田
 
 
最前を高校生(今春卒業生)で固め、2列目をクイズに強い頭脳王グループ、3列目に頭NO王として盛り上げてくれるまあやを。
(…ひめたんを入れる余地が無かったな(^_^;)
 
 
いざ発表されたら、どうせ今までと何も変わらないんだろうけど…。
せめて発表前くらいは、夢を見たっていいじゃないか…。