読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

外せるよね?

「選抜から外すメンバーがいない」

 
と言う人がよく居る。
外せない理由、基準、根拠などは大抵、
 
「握手人気を見れば分かるだろ」
 
だったりするのだが。
 
正直に言って、選抜から外せないのはお茶の間で「乃木坂の子だ」と認識される確率の高い生駒ちゃんとまいやんだけだと思う。
 
 
たとえば、高山一実
ミラクル9やしくじり先生の準レギュラーでお茶の間の人気も上がってきてるだろうし、業界関係者の評判も良さそうだ。
しくじり先生でオリラジ中田さんの授業の時、いくちゃんが笑いを取った後に落ち込むかずみんを中田さんがちゃんとイジってくれたし、かずみんのコメントが跳ねた時はオードリー春日さんが「今日もいい仕事してるね!」とわざわざ発言してくれている。
編集でカットされなかったところを見ると、スタッフも同感なんだろう。
 
そのかずみんは、果たして「選抜メンバーの高山一実」だから呼ばれているのだろうか。
アンダーになった途端に番組に呼ばれなくなるだろうか。
スタッフの間では、「使える高山一実」として呼んでくれてるのではないだろうか。
 
 
最初に知られるキッカケが選抜での露出の多さだったとしても、かずみんのように外仕事で結果を出してきているメンバーは、もはや選抜の看板が無くてもやっていける事は間違いない。
選抜全員の歌番組やイベントなどに取られる時間が無くなる分、個人としてメディア露出は増えていくかもしれない。
 
 だとすれば、選抜で実績を残したメンバーは選抜から外れて時間が増える事はメリットであるし、今までの固定選抜に阻まれていたアンダーメンバーは選抜入りしてようやく「知ってもらう」機会を得る事ができる。
Win-Winで結構なことだと思うのだが。
 
握手人気が高い事はもちろん1つの指標ではあるが、あくまでも「1つの」でしかないはずだ。
それだけで選抜に居続ける事が本人にとって可能性の幅を狭めているかもしれない事を、選抜固定主義者の皆さんには考えて頂きたいと思う。