坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

漢字とひらがな

欅坂46において、乃木坂のアンダーと同じ位置付け(長濱ねる加入時のけやかけMC発言)とされる「けやき坂(ひらがなけやき)」。

ブログも始まり、全国握手会でライブデビューも果たし、いよいよ本格始動となった。

 

ひらがなメンバーのブログを読んでると「漢字欅さん」とか「欅坂46さん」って呼び方が散見されるんだけど、どうにも気になる。

メンバーの意識として、別グループと捉えてるんじゃないかという気がする。

 

欅坂46さん、結成一周年おめでとうございます」と書いてるメンバーがその最たるものか。

 

乃木坂は結成直後からメンバーもファンも徹底的に序列意識を植え付けられてきたが、

欅坂は選抜とアンダーという上下関係を表す言い方ではない為か、「欅坂46の姉妹グループ」という感覚でいるように受け取れる。

ブログを読んでる限り、漢字欅メンバーに対しては憧れの人というミーハー的な接し方で、同じグループの同志としてはひらがなメンバーだけで絆が深まってそうでもある。

ひらがな欅は始まったばかりで選抜メンバーへ食い込む事ができるようになるとまた変わってくるのかもしれないが、現時点では序列意識よりも帰属意識に問題が潜んでるような不安も感じられてきた。

 

そして、乃木坂のもう一つの身分制度、1期生と2期生の格差と同様に、漢字欅の絆とひらがなの絆、2つ生まれてきて壁ができないか心配だ。

 

 冠番組への出演も、乃木坂2期生がお披露目以降出られなかったように、ひらがなメンバーがいつから出演するのか、そのまま出演し続けられるのか。

おそらくは紅白を目指す布陣として3rdシングルは今と同じ21人で、来年最初のシングルから選抜分けをしてくると思っているのだけど、そうするとひらがなメンバーについては来年にならないと本領発揮する場が与えられないかもしれない。

 

それは、漢字欅のこの1年間のスピード感と真逆になるから、何らかの手が打たれるのを楽しみにしていて良いとは思うのだけど…。

 

ともかく、1期生と2期生の壁、溝、隔たりといった物はもう辟易しているので、全メンバーで早く絆を深めて良いグループになってほしいものだ。