読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

「46SHOW」雑感

番組

NHKの「乃木坂46SHOW」が変則的な形で放送され、話題を呼んでいる。

 

姉妹グループの『欅坂46』と、動画投稿サイトに「踊ってみた」作品を投稿しているファングループ『百合坂46』のドキュメンタリーが放送された為だ。

ここに、乃木坂メンバーによる放送を観たい層が嚙みついた形で騒動になったようだ。

 

 

百合坂46は発起人を中心に水面に広がる波紋のようにその繋がりを広げていき、その広がりを集約して大きな物を作り上げていくという、その力は大いに尊敬している。

乃木坂ファン仲間で集まっても飲み会くらいしかできない我が身を顧みれば、皆で一つの事にチャレンジする「青春の1ページ」のような若さに嫉妬しそうな羨ましさもある。

 

ファンの裾野が広がっている証拠だし、逆に百合坂46をキッカケに乃木坂を知った人も居るかもしれないから、新規ファン層開拓という意味でも大いに役割を果たしている。

 

そんな尊敬すべきグループである事は理解したうえで、やはりこの番組で取り上げるのは違ったんじゃないかと思う。

乃木坂としてこの夏は、

 ・真夏の全国ツアー2016最終公演

 ・バースデーライブ

という非常に大きなイベントがあった。

また、乃木坂史としてとても重要なターニングポイントにもなりうる、

 ・3期生加入

 というトピックがあった。

 

ファンが知りたいのは、神宮の舞台裏であり、3期生決定の舞台裏、もしくは3期生のキャラクターだった。

これだけの優先順位の高いニュースを蹴ってまで、このタイミングで百合坂46を取り上げる意味があったのだろうか…。

 

 

今回の件を別の業界で考えてみる。

プロ野球で、めっきり減ってしまった為にファンも心待ちにしているナイター中継。

『その試合の中盤、5回~7回はジャイアンツファンだけで結成された草野球チームの試合を中継します』

…なんて事になったら、新橋のガード下で怒号をあげるオヤジの姿が浮かぶよね。

 

まぁ、変な喩えになっちゃったけど、そういう事だと思う。

 

百合坂46は「こういう活動をしているグループが居ます」という一本のドキュメンタリー番組にしてあげるべきだった。

それがファン、百合坂メンバー双方にとって幸福な形だったはず。

いつも潜入レポートで貴重な裏側を見せてくれる「乃木坂46SHOW」の枠を潰したのが、騒動の火種になったんだと思う。

 

番組スタッフは、放送後の反響をどうとらえているんだろう…。