読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

代役と呼ばれること

演劇の舞台用語で「代役」をあらわす【アンダー(アンダースタディ)】という呼称。

主役級の出演者が不測の事態で出演できなくなった際の代役となるため、出演者と同等のレベルでの準備が必要となる。

代役のための稽古時間が取られる事も少なく、セリフ、立ち位置、共演者との間、それらも観察で自分の物にしなければならないという事らしい。 

それだけやっても、舞台に立つ事はほぼ無く終わる。

観客の目に入ることのない日陰の存在と思えるが、それでも舞台裏での努力や才能の輝きなどは関係者の目に留まるだろうし、別の作品で抜擢される可能性が十分にある。

未来へ向けての正しい下積み、努力の仕方だと思う。

 

 

では、アイドルにおける「アンダー」はどのような意味を持つのだろうか。

これは、秋元康プロデュースという意味において姉妹関係にあるAKBグループと乃木坂46でも異なる。

 

AKBグループと乃木坂46の最大の違いである劇場の有無。

劇場での公演では、出演者やポジションは決まっている。

その出演者が他の仕事や学業、体調などによって舞台に上がれない時に代役となるのが、AKBグループにおける「アンダー」の定義だそうだ。

かつては研究生が務めていたらしく(今は何だか複雑になってる)、劇場に出たい研究生はより多くのポジションを覚えて公演に出るチャンスを狙っていたのだろう。

裏での努力が認められて舞台に立ち、観客の目に留まって更なる飛躍を目指せるという、正しいステップアップの階段があると思う。

 

 

劇場を持たない乃木坂46では、公演は当然ない。

アンダーとして出来ることは、選抜メンバーがメディアに出る際に他の仕事などで欠席した場合の代役くらいのもの。

個人仕事の増えている今であれば「代役」の機会も増えているが、結成直後からしばらくは選抜メンバーが欠ける事もほぼなく、アンダーが仕事をする事は無かった。

これは書籍「乃木坂46物語」でも語られているし、乃木どこ終盤のヒストリー回で中田花奈がアンダーになって2週間まるまるオフを告白している。

パズドラを極めたと笑い話しとして収めていたけど、前述した演劇やAKBグループの公演のように希望のある「アンダー」ではなかったのは確かだ。

そう考えると、乃木坂におけるアンダーの定義は「選抜に入れなかったメンバー」という事だけになってしまう。

 

私はここが、乃木坂運営最大の失敗(その1)だと思っている。

 (最大がいくつもあるのもおかしいけど、とりあえずその1)

 

すなわち、劇場(舞台)が無いグループにとっての「アンダー」の定義を決めないままに、姉妹グループのシステムや呼称を無条件、無批判に導入してしまった事。

 

アンダーという呼び名が「代役」という本来の意味で機能しないがために仕事量の格差をより明確化し【上下関係】や【優劣】を強く意識させる事となり、メンバーやファンが必要以上に大きな重荷を背負うことになってしまった。

先ほど紹介した乃木どこのヒストリー回では中元日芽香が「アンダーのモチベーション低下」を報告し、「アンダーという言い方がいけないのかもしれないけど…」と言いかけている。

 

選抜に選ばれるための方法も評価基準もメンバーに対して示せない運営。

書籍「乃木坂46物語」の中でも、アンダーは仕事がなくずっと学校に通っていた、自分は乃木坂のメンバーなんだろうか、と話すメンバーが多い事が、すべて物語っている。

 

 

運営としては、そんなアンダーメンバー達のガス抜きのつもりだったのだろう。

アンダーライブが開催されたが、

・握手会の後に行う事で新たな場所の確保が不要

・座席の用意をしなくて良い

・観覧には楽天カードの登録が必要

などを考えると、スポンサーの小遣い稼ぎ程度にしか考えてなかったハズだ。

 

だが、開催の意図はどうあれ、アンダーメンバーにとってこれは光明だった。

大いなる支持を集め、回数を重ねていく。

全体ライブしか舞台経験を積めない選抜メンバーに圧倒的に勝る経験と、それを根拠とした自信を手に入れた。 

これが、選抜メンバー、アンダーメンバーの間に壁というのか、溝というのか、大きな隔たりが出来る要因の一つとなった。

別の問題としてある「選抜固定化」に伴う「万年アンダー」(どちらも嫌な言葉だ)がもう一つの要因となった事も間違いない。

 

「私たちは誰のアンダーでもない」

 

という、プライド。

「代役」と呼ばれ続けてきたメンバーが、「主役」となる決意を固めた瞬間。

選抜とアンダー「全員揃って」こそ【乃木坂46】なんだという再確認。

 

 

選抜固定メンバーを推している人たちは気づいただろうか?

2015年、真夏の全国ツアーから。

アンコール時にメンバーが着ているTシャツがすべて同じ色になった事を。

 

[2014年]クリスマスライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011305j:plain

 

[2015年]3rdバースデーライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011339j:plain

 

 

[2015年]真夏の全国ツアー

f:id:masa_NGZ:20161002011416j:plain

 

[2015年]クリスマスライブ

f:id:masa_NGZ:20161002011449j:plain

 

 

アンダーメンバーを推していて、いつもアンコール時にTシャツの色が分けられている事に「単なるバックダンサー扱いじゃないか」と憤っていた身としては、物凄い衝撃的な出来事だった。

「代役」が「主役」と同じ舞台に立った。

 

冒頭に書いた演劇界における「アンダー」は観客の目に留まる事が無い立場だった。

だが、乃木坂46の「アンダー」は、観客(ファン)が見つける事ができたのだ。

 

f:id:masa_NGZ:20161002012135j:plain

 

2015年末、そこまでのアンダーライブの集大成として行われた武道館公演で、井上小百合はこう言った。

見つかるはずのない舞台裏で、いつ来るか分からない出番に向けて準備をするだけの「アンダー」という立場。

それはファンの側が探して見つけたのではなく、メンバー自身が隠しきれない輝きを放ったからこそ、見つけられたんだと思う。

 

 

この武道館をはじめ数多くの公演で「主役」と遜色ない、あるいは越えているかもしれないという輝きを放った「代役」たち。

アンダーメンバーにもラジオや雑誌の取材、グラビア、テレビ番組など主役として活躍するメンバーが増えている。

もはや「代役」と呼ぶ事に違和感を覚えるほどに。

 

ただ、アンダーという立場に対するメンバーの思いや考え方は千差万別、一人ひとりの想いがある。

アンダーライブ中国シリーズでの伊藤かりん井上小百合の発言でも顕著だったようだ。

私は行っていないため発言内容が分からないので、これについては何とも言えないのだが…。

 

 

それぞれの想いが、16枚目の体制によってまた渦巻くと思うが、もう心配する事はない。

気づく人はしっかり気づいて、見つけて、心から応援をしている。

そのファンにとっては、誰かの「代役」ではなく、その人にとっての「主役」なのだから。