読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

2016年を振り返る

紅白初出場の余韻から始まった2016年も残りわずか。

もう2度目の紅白が迫ってますね。

 

 

個人的には、今野氏の「激動の年になる」という言葉に踊らされた1年でもありました。

結局、何が激動だったのか?

 

3期生が入ったのは大きな事だけど、これは乃木坂の進化、拡大、あるいは将来への布石という意味で激動とは違う話し。

私としては、「選抜メンバーが半分入れ替わる」という大鉈が振るわれて初めて「激動」と感じるんだけど、期待しすぎたかな…。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

残念な事に新選抜が1人も出なかった事が「激動」と真逆の「停滞」を強く印象付たと思う。

また反対に、リリースされた3枚とも「新センター」という新味は見せたものの、そのうち2人が卒業の花道として用意された場であった。

そもそもこの2人はもっと早くにセンターに据えるタイミングがあっただろうと思うのだが、それでもそのメンバーのファンにとっては嬉しい事だろう。

ただ、グループ全体としては「上り坂」という勢いよりも、人気メンバーの卒業が続いているというネガティブ要素として取られかねないかな、という気もする。

若手ホープ飛鳥のセンター起用でバランスは取られたのかもしれないが…。

 

卒業センターを慣例にしてしまうと、例えばあるメンバーが卒業時にセンターにならなかった場合、ファンに与えるダメージも大きい。

あるいは白石、西野などであれば複数回のセンター経験者なので卒業センターとなっても驚きがない。

確かに乃木坂にとって選抜定着メンバー、フロント常連メンバーの卒業というのは初めてだったので大々的に仕掛けたかったのだろうけど、深川の「ご祝儀」くらいで止めておいた方が良かったかもしれない。

慣例化してしまった事で、今後の頭痛のタネを運営が抱えたのではないだろうか…。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

2016年の乃木坂を振り返る上で欠かせないのはご新規さんの増加だと思う。

とにかく人が増えた。

全握会場なんか酸欠で早く出たいと思うほどに増えた。

ただし、ご新規さんが大勢増えたという事は喜ばしい事だけど、ファンのすべてが聖人君子では無いのが残念なところ。

とにかく握手会でのトラブル、ライブ会場での逸脱したマナー、こんな話題が常に付きまとってた1年だったと思う。

ファン側で収まってればまだしも、メンバーに直接暴言を吐いたと現場からレポが上がる事も何度かあった。

 

人気が出て現場の人口が増えるという事は、同時に転売屋にとっても美味しいグループとなったという事。

これは運営側に任せきりにせず、とにかく転売された(少なくとも定価では無い)ものは買わない、という対策が打てるはず。

ここはファン側が一致団結しないといけないところですね。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

  

今年はライブが行える大きな会場が使えなくなるという「2016年問題」の余波が乃木坂にも来た。

毎年恒例だった2月のバースデーライブが中止に。

個人的には2月の西武ドームなんて押さえ放題だと思うのだけど、さすがにあそこは運営もオタももう懲り懲りか(笑)

 

その代替として企画されたのが「乃木坂46時間テレビ」。

 

夏に感動の押し売りが気持ち悪い汐留方面の番組が24時間、内輪受けで寒く騒いでるお台場方面の番組が28時間。

それらを凌駕する46時間の生放送。(一部過去のライブ映像など有り)

これを36人のメンバーと10人のスタッフだけで行ったというのだから驚きだ。

ただ、少しでも休めるメンバー/スタッフと違い見ている我が身はただ1人。

睡眠はおろかトイレすら行くのをためらう状態はかなりツライ(笑)

 

とは言え、年に1度のお祭り騒ぎなら有りかな~、と思ってたら、4カ月も経たないくらいでまたやるとは(笑)

 

ただこれは、1人10分の持ち時間を好きに使えるという企画で個人のキャラクターが広まったとても良い機会だったと思う。

凄い練り上げてくる人、勢いでいっちゃう人。

何でこんな企画やっちゃったんだ!?と言う人(個人的にはれなちさん…(^-^;)

 

メンバーの関係性や素の姿などが見られて、推し変したり推し増しした、なんていう人も居るのでは?

個人的には 白石麻衣 × 鈴木絢音 という二人きりのトークセッションが意義深いものだった。

これで絢音ちゃんが「しっかり話せる」という事が浸透したと思う。

その後、特に下半期の乃木中やNOGIBINGOなどでの取り上げられ方を見ても、非常に良い影響を及ぼした事がよく分かる。

来年も1度でいいのでぜひともやって頂きたい。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

今年はメンバーの舞台も増えたね。

私が観劇したのは「リボンの騎士」と「墓場、女子高生」。

映画は好きで映画館にはよく行くのだけど、舞台なんてほぼ観たことがない。

Twitter上でも演劇としての細かいレビューが飛び交っていたけど、私は門外漢なので技術的な事とかは分からない。

私としては物語と世界観の中にのめり込んだし、推しメンが夢を叶えて頑張っているというだけで嬉しいものなので大満足。

納得いってないのは、HULUなりBlu-rayなりで映像化されていない事。

早く手元に置いてぜひともまた見返したい。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

ここまでツラツラと思いつくまま書いてきたけど、実は乃木坂にとって今年最大のトピックは欅坂のデビューではないだろうか。

初めての妹分。

それがデビュー曲の売り上げ枚数やMステ、大規模会場での単独ライブ、3枚目シングルでの50万枚売り上げ、果ては紅白出場まで、すさまじい速度で駆け上がってきた。

乃木坂結成当時、秋元康が「AKBの5年を5ヶ月で追い越す」という意気込みを語っていたけど、それが欅坂と乃木坂、と姿を変えて現実味を帯びた形になった。

これは、乃木坂の様々な試行錯誤の「結果」の部分だけが欅坂にもたらされている為だろう。

かつてAKB48の初の姉妹グループとしてSKE48が誕生した時、差別化としてダンスにおいてAKBを凌駕するパフォーマンスを発揮していたそうだ。

欅坂もダンスに磨きをかけているが、それにプラスして曲のクオリティ、振りつけ、グループとしてのトータルの世界観、それらを高いレベルでパッケージする事に成功したためだろう。

来年辺り、乃木坂のライバルは外ではなく身内グループの中にできてるかもしれない。

 

ただ、欅坂のメンバーを1年ちょっと見てきて、謙虚で自己評価が低くて、先輩に憧れて、とても良い子たちだから、このまま良い距離感で46グループを盛り上げていってほしい。

 

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

あと、何があったか思い出せないので、個人的な事を。

 

以前このブログにも書いたんだけど、私が鈴木絢音ちゃんを推し始めたのは2014年12月のこと。

その頃は研究生で乃木オタの間でも知られておらず、昼ドラにしてもいいくらい「不遇」の2文字が似合う境遇に置かれていた。

それが今年は多くの人に知ってもらえて、握手会も部数が増え、番組でも取り上げられる機会が各段に増えた。

 

それだけで私にとっては素晴らしい1年だったと言える。

来年は、さらに良い年になりそうな予感というより、規定の未来が見えている。

楽しみだ。

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=

 

最後に、こんなチラシの裏の落書きのような駄文ばかり載せてるこのブログを読んで下さった皆様、ありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。