読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

佐々木琴子「覚醒」騒動に思う

琴子が「覚醒した」って言う新しい人と、「前に戻っただけ」と言う昔からのファン。


それぞれの発言に共通してるのは「直近の状態から変わった」という事で、相違してるのは「変わる前の状態がどうだったか」という事。


「覚醒」と言うと最初から一貫して塩対応だった事になるけど、それは過去の握手レポを読めば誤りである事は分かる。

個人の主観で書かれたレポが100%信頼できる物では無いとしても、少なくともネガティブな内容は見当たらない。

 

それは琴子自身のブログからも前向きな姿勢が見て取れる。

※2015/05/16 佐々木琴子ブログより

=======================================f:id:masa_NGZ:20170514220204j:plain

kidsに夢を | 乃木坂46 佐々木琴子 公式ブログ 

=======================================

 

※2015/02/17 佐々木琴子ブログより

=======================================

f:id:masa_NGZ:20170514220148j:plain

 

チョコレート〜〜 | 乃木坂46 佐々木琴子 公式ブログ

 ======================================= 

 

このように握手会に苦手意識は持っておらず、むしろ楽しんでいる様子がよく分かる。

 

ただ、古くからの琴子ファンでも「変わった」という事を認めてる人が居る訳だから直近の状態がこの当時と異なっていた事は事実。

 

では何故、このような楽しげな様子から変わってしまったのか。

現在、Twitterまとめサイト(2ちゃん)などで「変わった」とか「良くなった」という事だけが話題になってるけど、そもそもが低調になった原因についての議論は見かけない。

握手にポジティブに取り組んでいたのが急に苦手意識を持つなんてそう簡単に起こる事ではない。

握手会の中で苦手意識、さらには恐怖心を抱く何かがあったと考える事が自然だ。

 

この点をきちんと考えないでただ「覚醒」だの「良くなった」とか表面的なものだけで騒ぐと、大きな過ちに繋がる気がしてならない。

 

 

 

ここからは確たる証拠のない話しである事を先に断っておく。

2015年秋頃にまことしやかに聞こえてきてた【噂】。

 

 『佐々木琴子が握手会で暴言を吐かれたらしい』

 

重ねて言うが、これはあくまでも証拠のない噂。

 

ただ、これが真実だと思えてしまうほどに握手会への恐怖心が見て取れるようになった。

個握よりも全握の方が苦手そうだ、という評もあった。

どんな人が来るか分からない全握の方が…、という事かもしれない。

 

もちろん、みさ先輩を始めとする他のメンバーも酷い暴言を受けている事実は知られているので、それだけで免罪符になるとは思わないが、そこはアイドルである以前に一人の人間であり、未成年のか弱い女の子。

若いか年配か分からないけど威圧感ある男性から暴言を吐かれればその恐怖と心の傷は計り知れない。

 

 

そこで、これが真実だと仮定すると、琴子が変わってしまった原因は当然「ファン」の側という事になる。

…そんな輩を「ファン」と呼びたくはないが。

ある特定の一人により握手に恐怖を覚え、その様子を面白可笑しく囃し立てるその他大勢。

 

ここから目をそらしてただ「覚醒」だの「良くなった」だのと無責任に煽って騒ぎ立てるのは、結局は面白可笑しく囃し立ててたその他大勢とまったく同じだという事実。

 

乃木坂46自体はここ2年余りで大きくファンの裾野を広げ握手会の人口密度も消防法に抵触してるとしか思えないほど爆発的に増加した。

琴子の美貌はご新規さんの目に留まりやすいと思うが、興味を持ってくれた人が面白半分に煽って楽しんでるような情報を鵜呑みにしてしまう事が起きたら、結局は琴子にとってマイナスとなってしまう。

 

『ファンがメンバーの足を引っ張る行為』

 

今回の琴子覚醒騒動では、これを忘れてはいけないと思う。

 

 

握手というのはメンバーとファンが相互に信頼しあって行う、片方だけでは成立しない合わせ鏡のようなもの。

メンバーがどうしたらいいのか分からないような接し方をしておきながら「対応がダメだ」というのは論外。

メンバーの様子がおかしいのだとしたら、それは鏡に映った自分の姿だと思うべきだ。

「握手が片手だった」とか「笑顔が無かった」とか得意気に攻め立ててる輩は、自分がどんな顔をしてどんな話しをしているのか、省みてほしい。