坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

伊藤万理華卒業に寄せる駄文

乃木坂モチベが低下していてこのブログを2ヶ月放置してる間に、またもやメンバーの卒業発表があった。

よもや卒業に関する投稿が連続するとは思いもせず…。

 

個人的にだが、ひめたんの卒業発表には暗く重い雰囲気が感じられた。

それは休業がメンタル的なものだという憶測が飛び交った末の発表であり、自嘲気味の報告ブログの文章によるところもあったから。

 

ところが、今回の万理華の卒業発表には暗さが微塵も感じられない。

自分の才能をアウトプットする為には乃木坂46という環境が適していないという、ごく普通のサラリーマンでも考える職場環境の向上、キャリアアップにしか思えないからだ。

仕事が一部メンバーに偏重し、自身の才能を高める機会が乏しいという、現状からの脱出なのだろう。

意外にも、万理華推しの方は乃木坂時代よりも接する機会が増えるかもしれないとも思う。

 

万理華卒業に関しては非常に前向きに考えて良いと思うのであまり話す事もないんだけど、「職場環境」という意味でこのブログお馴染みの運営に対する愚痴をこぼすなら、やはり才能に見合った適材適所をせず、握手という極一部分での人気のみに偏った起用ばかりしている点は一刻も早い改革が必要だろう。(高校が舞台の作品の演者がほぼ20代という不自然さも無くなる(笑))

 

おそらく、選抜聖域メンバーはメンバーで、自分のやりたい事もやれずに苦しんでいるのではないか。

聖域メンバーもやりたい仕事ができない、若手メンバーも才能を磨く場がない。

八方塞がりの現状打破は、もはや形骸化している「選抜」という古い因習に囚われずに、才能に見合った仕事を割り振る事だろう。

 

40人以上もいて、みんなそれぞれ個性や才能が抜きん出てるんだから、問題ないはずだが、なぜ出来ないのだろうか…。