坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

生駒里奈の物語をワンピースと重ねてみる

生駒里奈を表す言葉の中で誰もがしっくり来るのが「主人公」ではないだろうか。

 

乃木坂工事中の企画で、雑誌で付けられたキャッチコピーを紹介した回。

f:id:masa_NGZ:20180131213540j:plain

f:id:masa_NGZ:20180131213604j:plain

f:id:masa_NGZ:20180131213711j:plain

 

 

私もずっと乃木坂の物語を見てきてそう思ってたけど、卒業発表を受けて改めて考えてみると、もう少し細かく分けた方が良い気がする。

 

5枚目までは先頭で茨の生い茂る辺境を切り開く主人公、というのは間違いない。

その後、特に7枚目での堀未央奈センター抜擢というグループ史上特筆すべき衝撃を物ともせず、自身の経験からいち早く支える立場を選んだ。

 

   f:id:masa_NGZ:20180131234442j:plain

 

堀未央奈の番組での述懐。

f:id:masa_NGZ:20180131234716j:plain

f:id:masa_NGZ:20180131234731j:plain

 

家で言うと大黒柱、船で言うと竜骨、グループの中心の揺るがぬ精神的支柱となった瞬間だった。

これは有名なエピソードだが、大小様々な場面で「生駒が居てくれる」という、居るだけで醸し出す安心感は大きかっただろう。

 

 

 

そういう意味で中期~後期の生駒里奈は、ONEPIECEで例えるなら「ルフィ」ではなく『ゴーイングメリー号』ではないかと思う。

 

麦わらの一味(乃木坂46)を次の島(ステージ)まで運ぶ船。

 

どうせ「生駒だけで駆け上がった訳じゃないだろ」って息巻く輩が居るだろうから補足しておくと、もちろんそれだけとは言ってない。

ONEPIECEを読んでる人なら分かるはずだが、普段はおバカでもいざという時に頼りになる船長や優秀な航海士を始めとするズバ抜けたクルーが揃って初めて航海できる訳だ。

一つの役割としての比喩で言ってる事だと理解してもらいたい。

 

今回、卒業発表を受けて感じた感情が何かを考えていて辿り着いたのは、ゴーイングメリー号の最期のシーンだった。

f:id:masa_NGZ:20180131235935j:plain

※この次のページは涙が止まらなくなるから貼らない…。

 

私はこの一言ひと言が、生駒ちゃんが言ってもおかしくないと感じている…。

 

 

ゴーイングメリー号は船なので当然バトルには参加しない。

これは、3列目に居て、メディア的にはフロントメンバーばかりが目立つ構図と似ているかもしれない。

だが、物語の転換期(島から島へ移動する際)に最も重要なのがゴーイングメリー号だ。

バトルに参加しなくたって重要性は変わらない。

 

 

そんな、高みまで乃木坂を運んでくれた船である生駒ちゃんが仲間と別れるという事。

残された仲間はそれでも航海を続けなければならない。

 

ONEPIECEの物語では、この後に素晴らしい船を手に入れる。

 

サウザンド・サニー号

 ─── 過酷なる”千の海”を”太陽”の様に陽気に越えていく船。

f:id:masa_NGZ:20180201001331j:plain

 

 

これからは2期生、3期生が中心となって新たな船になるしかない。

一部の声が大きいだけの輩による風当たりの厳しさは、過酷さの一途を辿るだろう。

それを今後は誰かが代わりに、もしくは皆で団結して、明るく乗り越えて、新たな乃木坂の物語を見せてほしいし、それが後輩達に出来ると確信したからこその生駒ちゃんの卒業なのだろうと思う。

 

生駒ちゃんの卒業は寂しいけれど、今後の物語の発展を期待して、明るく前向きに受け止めたいと思う。