坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

世代交代

バースデーライブでのアンダーのパフォーマンスを観ると、

・研究生だった2期生が中核を担うまでに成長

・1期生は後輩を見守りながらまだまだ一線で意地を見せる

・フレッシュで即戦力な3期生が加入

という組織としてのバランスの良さがよくわかる。

 

最近の卒業生はアンダーからが多いけど、夢を見つけたメンバーが後進にその席を託して広い世界に旅立っていく、後輩はその席を受け継ぎより高めていく。

これこそ本当に正しい世代交代の姿だと思う。

 

 

近年、「乃木坂46」というグループに世代交代が叫ばれるようにはなった。

相変わらず中核は20代半ば、成長してきた今後の伸びしろが期待される若者は受け入れない。

もはや非常に硬直化した組織でしかない。

 

ただしこれは、「選抜」の話し。

「アンダー」には当てはまらない。

 

同じ「乃木坂46」の中に、世代交代に成功し健全な組織になっている成功例があるのは、皮肉な事でしかないな。