坂道徒然草

乃木坂46、欅坂46に関して思った事を思ったまま書き連ねる徒然草。 Twitter→@masa_NGZ

それぞれの向き

乃木坂46結成時、国民的アイドルとして雲の上の存在だったAKBを越えるという目標の下に一致団結して同じ方向へ進んだ1期生。

皆で同じ方向を向いて横に並び、少しずつ前に進んで「線を面に広げた」イメージ。

f:id:masa_NGZ:20190427000130j:plain

                (※再現CGメーカーさんを使わせていただきました)

 

1期生が「アイドルの世界」で領域を広げていくのと時を同じくして、2期生は「アイドル未踏の世界」で乃木坂の領域を広げてきた。

横に並んで同じ方向に歩くのではなく、中心からそれぞれの方向に向かい、水面に広がる波紋のように「点を円に広げた」イメージ。

f:id:masa_NGZ:20190427001803j:plain

                (※再現CGメーカーさんを使わせていただきました)

 

「バラバラ」と評される事もある2期生。

だがそれは決してバラバラなのではなく、一人でも進んでいく強さがあり、それぞれしか出来ない道を切り開いているだけという事。

振り向けば真ん中に全員が帰る場所があるという事が、強い絆に繋がっているのだろう。

この1期生と違う領域を広げていた事により、乃木坂46は他のグループには見られない厚みや深みを手に入れる事ができた。

 

 

それでは、3期生はどうだろうか。

個人的には1期生同様、同じ方向に力を合わせて進んでいるイメージがある。

おそらくはアイドルとしては王道なのだろう。

だから運営の理解が及ぶ世界で御しやすく、1期生とペアにしやすいのだと思う。

1期生の卒業ラッシュを受けた世代交代を3期生にさせたいのも、そういったイメージを運営側が持っているからかもしれない。

ただそれは今の所、1期生が広げた領域を自分たちの色に塗り替えていっているだけのように見える。

世代交代して次代を担う中心だと言うのなら、1期生がたどり着いた更に先を広げる事ができるかどうかが、今後の3期生の真価が問われる時だと思う。

 

4期生はまだその個性を見せてはいないので正直よく分からない。

願わくば2期生のようにアイドルという枠にとらわれない、それぞれが新しい世界へ道を広げていってほしい。